主治医から定期的な内視鏡検査を勧められます。症状がないときでも定期的に行う必要があるのでしょうか?
自覚症状と腸管の状態は必ずしも一致するわけではありません。つまり、自覚症状が落ち着いている状態でも内視鏡検査を実施すると、腸管に炎症や潰瘍がみられる場合があります。適切な治療方針を決定したり、病変の状態を把握するためにも、可能であれば寛解期でも1年に1度程度の内視鏡検査をお勧めいたします。
仲瀬裕志先生