ホーム|患者さんのページ|専門医インタビュー|クローン病に挑む|伊藤 裕章先生

専門医インタビュー

クローン病に挑む

伊藤裕章先生
医療法人錦秀会
インフュージョンクリニック(大阪府大阪市)
院長伊藤 裕章先生
治療法も、治療を受ける場所もどんどん進歩しています。「病気だから」と我慢したり、あきらめたりすることはありません。効果のある治療で、充実した日々を過ごせるように、一緒にがんばりましょう。

【略歴】
1980年大阪大学医学部卒業。92年同内科学第三講座助手。94年米国スタンフォード大学免疫リウマチ学教室ポストドクトラルフェロー。03年大阪大学大学院医学系研究科分子病態内科講座講師。06年田附興風会 医学研究所北野病院消化器センター部長。10年より錦秀会 インフュージョンクリニック院長。
【学会】
日本消化器病学会認定専門医・近畿支部評議員・総会・大会評議員、日本消化器内視鏡学会指導医・近畿支部評議員、日本内科学会認定内科医・近畿支部評議員、日本消化管学会評議員

ショップ&レストラン、ホテル、ナレッジキャピタルなど多彩な楽しみ方ができる大阪駅直結・グランフロント大阪内にあるインフュージョンクリニックの院長、伊藤先生にお話を伺いました。

●炎症性腸疾患(IBD)やリウマチの患者さんの専門診療を軸に、健康管理からオプショナルケアまで。来て楽しくなる、癒やされるクリニックをめざす。

2010年3月に北区堂山町で日本初となるインフュージョン(点滴)治療を中心に行うクリニックを開院され、3年目を迎えた今年、大阪駅直結のグランフロント内に移転されましたが、その理由を教えてください。
インフュージョンクリニック

抗TNFα抗体製剤などの生物学的製剤の登場により、クローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(IBD)でも、リウマチでも、すみやかな寛解導入と長期にわたる寛解維持が得られるようになり、患者さんの生活の質(QOL)が飛躍的に向上しました。

生物学的製剤の多くは点滴投与であり、日本ではほとんど、病院の外来化学療法室と呼ばれる治療室で行われています。外来化学療法室は主にがん患者さんに抗がん剤を投与するために設けられた治療室であることから、そこで治療を受けることに違和感を覚える患者さんがいると聞いていました。私も、生物学的製剤治療と抗がん剤治療は別々の治療室でそれぞれの専門家が行うことがベストだと考えていました。

実際に、欧米の病院には、外来化学療法室のほかに、インフュージョンセンターというIBDやリウマチに対して生物学的製剤などの点滴治療を行う専門の治療室が有ります。町中には、インフュージョンセンターと同様の機能を有したインフュージョンクリニックが有ります。

私は、これから先、IBDやリウマチの治療において、抗TNFα抗体製剤などの生物学的製剤治療がますます本格的になってくると考え、治療を受ける患者さんに少しでも良い治療環境を提供したいと思い、全国に先駆けてインフュージョンクリニックを開院しました。

以来、3年間、抗TNFα抗体製剤をはじめとする生物学的製剤治療を中心に、IBD患者さんやリウマチ患者さんを専門に診てきました。IBD患者さんに限れば、約500名のクローン病患者さんと同じく約500名の潰瘍性大腸炎患者さんを定期的にフォローアップし、うち約300名のクローン病患者さんと60~70名の潰瘍性大腸炎患者さんが生物学的製剤治療を受けておられます。

そのため、以前のクリニックでは点滴治療を行うインフュージョンルームの7台の点滴チェアはフル稼働の状態でした。IBD患者さんは若い人が多いため、とくに患者さんが集中する土曜日は、9、11、13、15時始まりの4交替制で、一斉に7名の患者さんに点滴治療を開始せざるを得ず、患者さんの都合の良い時間にあわせることができなくなっていました。その問題を解決するために、クリニックの移転を決めました。現在のインフュージョンルーム(写真1)には、点滴チェアが15台有り、患者さんの都合の良い時間から治療を開始できるようになっています。

写真1:インフュージョンルームと点滴チェア(写真左右とも)
以前のクリニックに比べて、全体的にも個人的にもスペースが拡がり、個室ブースも。ルーム中央にステーションが有り、点滴中の様子は、看護師が見守れるようになっている。

また、移転を決めたもう1つの理由は、もっと発展した形のインフュージョンクリニックにしたいと考えたからです。前のクリニックでは、当初の開院の目標を成し遂げたと思っているので、次のステップに進み、どこにもない次世代のインフュージョンクリニックをつくっていきたいと思っています。

発展型のインフュージョンクリニックとはどのようなクリニックですか。

開院まもない今は、当クリニックに自ら、あるいは他院から紹介されて来院する患者さんは、IBDやリウマチ、それらの疑いの患者さんがほとんどです。しかし、クリニックのコンセプトとしては、IBDやリウマチの患者さんに限らず、グランフロントのショップやレストランを訪れるお客さんやホテルの宿泊客、オフィスワーカー、マンションの住民など、いろいろな人に当クリニックに気軽に来ていただき、健康管理や一般消化器内科診療だけでなく、楽しんでいただける、あるいは癒やされるサービスを提供していくことを掲げています。

サービスの1つとして、オプショナルケアを始めました。心理カウンセリング(心のケア)(写真2)酸素カプセル(写真3)などです。心のケアは、治療薬で腸病変をコントロールするだけでなく、トータルケアが必要だと言われているIBD診療でも重要な治療オプションになります。現在は、週2回、実績のある心理カウンセラーにきていただき実施しています。

写真2:心理カウンセリング(心のケア)
専門の心理カウンセラーが、一緒に、心の負担を解きほぐし、さまざまな角度から自分をみつめなおし、目標をたて、理想の自分に近づく(セルフイノベーションプログラム)ためのサポートもしています。
(カウンセラー:森本 愛 先生)

写真3:酸素カプセル
オフィスワーカーなどに日頃の疲れを癒やしてもらいたいと設置した酸素カプセル。伊藤先生の予想以上に、IBD患者さんの利用が多いという。

新しいインフュージョンクリニックには、治療する場所もあれば、話を聞いてもらえる場所も有り、酸素カプセルに入ることもできる……。今のところ、具体的には何も決まっていませんが、今後さらにスペースを有効活用して、患者さんに、用事がなくても病院に行きたくなるような、楽しくて癒やされる場所を提供していきたいと考えています。

クローン病も潰瘍性大腸炎も、国の特定疾患治療研究事業の対象疾患になっているいわゆる" 難病" です。難病と言うと、一般には、日常生活を制限されるイメージが有り、周りの人から「治療は大変でしょう?」と言われることもあるそうです。私は、かねてからこの少し暗いイメージを払拭したいと考えており、その1つの方法として気持ちが豊かになれる" 華やかで明るい雰囲気" にこだわっています。

学校や会社の帰りに、大阪駅直結のグランフロントで治療を受け、酸素カプセルに入ってから、流行のショップをめぐり、家に帰る。周りの人から「本当に病気なの?」と言われるような、もっと言うと、うらやましがられるような日常生活を患者さんに送っていただきたいと考えています。

●総合病院と連携し、入院治療体制を整備した上で、外来診療の限界に挑む。クローン病に対してはトップダウン療法で、早期寛解導入・長期寛解維持。

インフュージョンクリニックの診療ポリシーを教えてください。
伊藤裕章先生

1番のポリシーは、" 入院治療が必要にならないような診療" の実践です。その1つは、時間や手間を考えれば入院で行うような治療も、工夫をして、安全にかつ有効に外来で行うなど、外来診療の限界に挑むことです。

当クリニックでは、IBD患者さんに対する血球成分除去療法も、血中濃度を測定しながらのタクロリムス治療もすべて外来で実施しています。抗TNFα抗体製剤の点滴投与も、初回から外来で、2時間かけて慎重に投与し、患者さんが投与中に違和感(投与時反応と呼ばれる副作用)を認めるか否かを確認して、2回目以降、違和感がなく患者さんが希望されれば、投与時間を短くして投与するようにしています。

実際には、多くのクローン病患者さんは投与時反応が現れることなく、診察と点滴を含めて、約2時間(うち点滴投与1時間半)で治療を終えるスケジュールで、抗TNFα抗体製剤治療を受けられています。これは、私のこれまでの生物学的製剤の投与経験から得られた投与時反応に対する処置や予防のノウハウにより、それを的確にマネジメントし、患者さんに安全、安心に生物学的製剤の投与を受けていただける体制を確立しているからだと自負しています。

最近では、初回投与後、2週間後、6週間後以降の8週間おきの維持投与に入っていて、これまでに投与時反応を起こしたことがなく、倍量投与でない患者さんで、希望があれば、点滴投与時間を1時間に短縮して行うケースも有ります。

逆に、点滴チェア(写真1)には電動式点滴ポンプやモニターのほかに、ワンセグ付きDVDプレーヤーやピロスピーカーがついており、個室もあるため、好きな映画のDVDを持ち込んでいる患者さんなどは1時間半投与では早すぎる?ようで、「エンディングまでもう少しいてもいいですか?」と言われることも有ります(笑)。

クローン病は慢性疾患であるため、治療経過中に入院治療が必要になることもあると思いますが。

 長い治療経過において、内視鏡などによる詳細な検査や、外科的治療が必要になることもあります。このような場合には、当クリニックが属する医療法人錦秀会のグループ病院や、私の前勤務先である北野病院、グランフロントすぐそばにある済生会中津病院のほか、私が以前より個人的に連携してきた消化器外科の先生が勤められている病院などにすみやかに紹介し、適切に対応していただいています。

とはいうものの、やはりしっかりと炎症をコントロールし、入院が必要にならない治療が重要と考えますので、慢性進行性疾患のクローン病では、すみやかに寛解導入し、長期に寛解維持することで、炎症によって狭窄や瘻孔を発現(悪化)させない治療を心がけています。

伊藤裕章先生

当クリニックでは、クローン病に対しては、5-ASA製剤や栄養療法などの既存治療の効果が不十分と判断された場合、ステロイド療法を行わず、すみやかに寛解導入できる最も効果的な治療法である抗TNFα抗体製剤による治療を早期に開始する" トップダウン療法" を原則的に実施しています。

●レントゲン検査や迅速生化学検査、小腸のカプセル内視鏡検査が実施可能に。的確な診断、安全で効果のある治療をめざす。

ほかに入院治療が必要にならないための工夫や、以前のインフュージョンクリニックに比べて診療面で発展した点があれば教えてください。

クローン病患者さんに対して抗TNFα抗体製剤を投与するにあたっては、それを投与できるか、できないか(現在、重篤な感染症にかかっている人や、以前に結核にかかったことがある人など)を判断するために、結核スクリーニング(胸部X線レントゲンなどで結核菌に感染していないかを調べるための検査)などの検査を行わなければなりません。

また、抗TNFα抗体製剤を中心とした治療が始まれば、炎症の指標であるCRP(C反応性タンパク)を陰性にコントロールすることや、治療薬による副作用を監視することが大切になります。そのためには、採血した血液を用いて、CRPのほか、末梢血検査(赤血球、白血球、血小板の数を調べる検査)や生化学検査(肝機能、脂質、血糖、尿酸などを調べる血液検査)を随時行う必要があります。

実は、以前のクリニックには、末梢血を1分、CRPを4分で測定できる迅速血液検査機器(写真4)は有りましたが、レントゲン検査も生化学検査も行うことができませんでした。新しいクリニックでは、レントゲン機器(写真5)も導入し、これにより、患者さんは抗TNFα抗体製剤を開始する前にほかの医療機関にレントゲン検査を受けにいく必要がなくなりましたし、糖尿病合併患者さんでは血糖値をチェックしながら、あるいは免疫調整薬を投与されている患者さんでは膵炎(副作用)が起こっていないかなどを確認しながら治療を行えるようになりました。

写真4:迅速血液検査機器
従来の末梢血、CRPを迅速に測定できる血液検査機器(写真右から2つ)に加え、生化学検査を迅速に行える血液検査機器(写真左)を導入。

写真5:レントゲン検査機器
レントゲン検査機器を導入した事によって、抗TNFα抗体製剤を開始する前の結核スクリーニングのために、他の医療機関に検査に行く必要がなくなった。

そのほかに、小腸のカプセル内視鏡も導入しました。これは、前処置がいっさい不要で、患者さんが小さなカプセルを飲むだけで、苦痛なく、小腸粘膜の状態を把握できる検査です。放射線被曝もなく、飲んだ後は検査中も通常の日常生活が送れます。

クローン病患者さんでは、まず崩壊性のパテンシーカプセルを飲んでいただき、事前に小腸の狭窄、通過障害がないことを確認した上で、小腸のカプセル内視鏡検査を実施します。当クリニックでは、小腸のカプセル内視鏡検査は主に治療効果の評価に用いており、生物学的製剤治療により1年間ほど症状がなく、CRPも陰性が継続している患者さんにおいて、小腸の病変が治癒しているか否かを確認しています。

また、ほかの医療機関から上部消化管および大腸の内視鏡検査では病変が確認されていないものの、クローン病が強く疑われるために当クリニックに紹介されてきた患者さんに対しても小腸のカプセル内視鏡検査を行い、小腸粘膜の病変が確認されれば、クローン病と診断しています。

今後、患者さんが内視鏡検査のためにほかの医療機関を受診しなくてもすむように、大腸用のカプセル内視鏡も、臨床応用されればいち早く取り入れたいと考えています。

●希望に満ちた明日を手に入れるためにがんばっている患者さんを後ろから温かく見守りサポートする医師でありたい。

最近の先生のお仕事として『クローン病・潰瘍性大腸炎と診断されたらまっ先に読む本 -炎症性腸疾患の革命的治療-』(2012年7月発行、三雲社)の発刊もあると思いますが、その書籍の特徴やそこに込めた思いを教えてください。

CCJAPANより、「クローン病と診断された患者さんに、これから先の治療に必要な知識を提供するような本を書いてほしい」という話を受けて、書籍(昨年刊行された伊藤先生の自書:写真6)を出すことにしました。何よりこだわったのは、間違ったことや不公平なことでなければ、持論、主張をある程度前面に出し、寝転びながら楽しく、物語を次から次へ読み進めていくような中で、治療に必要な知識を全体的に学べるようにしたことです。

写真6:昨年刊行された伊藤先生の自書
『クローン病・潰瘍性大腸炎と診断されたらまっ先に読む本
-炎症性腸疾患の革命的治療-』
三雲社(写真左 自書と伊藤先生、写真中 表表紙・写真右 裏表紙)

裏表紙の後ろ姿のひまわりのイラストにこそ、伊藤先生の患者への熱い思いが隠されている。

また、書籍の表紙には、希望に満ちた明日を手に入れるためにがんばっている患者さんの姿に照らし合わせて、お日様に向かってスクッと立つ向日葵が描かれています。本来、医者は、明日に向かってがんばっている患者さんを応援する立場だと思い、裏表紙にはその思いを込めました。私は向日葵(患者さん)の後ろにいて見守っています。その姿勢で、これからも、患者さんの明日のために、インフュージョンクリニックを発展させていきたいと思っています。

伊藤先生から患者さんへのメッセージ

クローン病をすみやかに寛解導入し、長期にわたり寛解維持する有効な治療薬である抗TNFα抗体製剤が登場して以来、クローン病患者さんの生活は大きく変わりました。病気だからといって、家族や友達と一緒に食事や旅行を楽しむことや、学業、仕事、妊娠・出産も、ほとんどの患者さんは我慢したり、あきらめたりする必要がなくなりました。

治療も、IBD専門の病院や医院だけでなく、当クリニックのような点滴治療を中心としつつ、心のケアや酸素カプセルなどのオプショナルケアも行っている都会の真ん中のクリニックでも受けられるようになりました。

中には、生物学的製剤の恩恵を十分に享受できない患者さんもいらっしゃいます。しかし、昔に比べて、治療法も治療を受ける場所も大きく進歩したように、私はこれから先も生物学的製剤が巻き起こしたようなブレークスルーが起こり、さらに進歩すると思っています。もしかすると、幹細胞を使って腸を再生する治療が可能になったり、あるいは、今はまだ考えもつかないような治療法が開発されたりするかもしれません。だから、患者さんには、希望を捨てず、毎日の治療をがんばってほしいと思っていますし、私たちは患者さんをできる限りのサポートをしたいと思っています。

インフュージョンクリニックのスタッフ

(2013年7月現在)